ホーム

JTEFトラ・ゾウ保護基金は、野生の生きものの立場に立ってその世界を守るという理念のもとに生物多様性を保全し、その活動を通じて人の豊かな自然環境を守る非営利、非政府の団体です。

トラ

アジアだけに生息する野生のトラ。強さの象徴だったトラは今や地球上に3500頭。絶滅の象徴となってしまいました。獲物を追いかけ広く移動するトラには豊かな森が必要です。トラを守ること、それは森を守ること、地球環境と人間を守ることに繋がります。

ゾウ

ゾウは、地上最大の動物、アジアとアフリカの自然を代表する動物というだけでなく、生態系の鍵となる生きもの。その大きな体で木を倒し、森と草原のモザイクを作り出すと同時に、広範囲を移動しながら落としていくふんから新たな森が育ちます。ゾウを保全することでその生息する地域の生態系が保全されます。

イリオモテヤマネコ

1965年に発見されたイリオモテヤマネコの推定生息数はわずか100頭。ネコ科動物の生息地としては世界一狭い西表島における食物連鎖の頂点に立ちます。イリオモテヤマネコが野生の姿のまま生き続けられることが、島に生きる人々の暮らしと自然との共存の証しとなります。

ニュースと資料

ブログ:シリーズ・アジアゾウの歩んだ苦難の道と現状 第1回
1021 1024 Japan Tiger Elephant Organization

現在生き残っているゾウは、分類学上、エレファス属のアジアゾウElephas maximusとロクソドンタ属のアフリカゾウ…

read more
ブログ:アフリカ32か国の「アフリカゾウ連合」(AEC)評議員会が、日本に対して、象牙市場の閉鎖を要請
1024 988 Japan Tiger Elephant Organization

2019年6月17日:28のアフリカゾウ生息国を含むアフリカ32か国で構成される「アフリカゾウ連合」(AEC)は、その評…

read more
ブログ:トラ製品、アジア各地の闇市で販売
249 238 Japan Tiger Elephant Organization

延期されていたワシントン条約締約国会議が8月17日からジュネーブで開催されることに決まった。そこでは、毛皮、爪、歯、虎骨…

read more
ブログ:象牙業者VS保護活動家 日本の象牙市場閉鎖の是非 より説得力があるのは?
484 465 Japan Tiger Elephant Organization

毎日新聞2019年6月12日記事「象牙取引続く 日本の課題は」に掲載された、「日本象牙美術工芸組合連合会」鶴見剛会長と、…

read more