Japan Tiger Elephant Organization

JTEFトラ・ゾウ保護基金は、野生の生きものの立場に立ってその世界を守るという理念のもとに生物多様性を保全し、その活動を通じて人の豊かな自然環境を守る非営利、非政府の団体です。

トラ

アジアだけに生息する野生のトラ。強さの象徴だったトラは今や地球上に3500頭。絶滅の象徴となってしまいました。獲物を追いかけ広く移動するトラには豊かな森が必要です。トラを守ること、それは森を守ること、地球環境と人間を守ることに繋がります。

ゾウ

ゾウは、地上最大の動物、アジアとアフリカの自然を代表する動物というだけでなく、生態系の鍵となる生きもの。その大きな体で木を倒し、森と草原のモザイクを作り出すと同時に、広範囲を移動しながら落としていくふんから新たな森が育ちます。ゾウを保全することでその生息する地域の生態系が保全されます。

イリオモテヤマネコ

1965年に発見されたイリオモテヤマネコの推定生息数はわずか100頭。ネコ科動物の生息地としては世界一狭い西表島における食物連鎖の頂点に立ちます。イリオモテヤマネコが野生の姿のまま生き続けられることが、島に生きる人々の暮らしと自然との共存の証しとなります。

ニュースと資料

ブログ:シリーズ・日本の象牙市場閉鎖 第5回:国内象牙市場閉鎖に向けて検討されるべき日本の課題
723 711 Japan Tiger Elephant Organization

近い将来、日本が国内象牙市場閉鎖を決断せざるを得なくなった際、具体的な閉鎖に当たってどのような課題があるのか考えておく必…

read more
ブログ:シリーズ・日本の象牙市場閉鎖 第4回:採択された市場閉鎖決議の履行を強化する決定の意義と、CoP18がもたらした影響
1019 1024 Japan Tiger Elephant Organization

■市場閉鎖決議を実施するための決定が求める報告とは? CITES CoP18で採択された市場閉鎖決議を実施するための決定…

read more
ブログ:シリーズ・日本の象牙市場閉鎖 第3回:ワシントン条約CoP18における、国内象牙市場閉鎖決議(CoP17:2016年)の実効性を強化するための審議
398 400 Japan Tiger Elephant Organization

■ワシントン条約における国内象牙市場閉鎖決議強化の提案 2019年8月17~28日にジュネーブ(スイス)で開催されたCI…

read more
ブログ・シリーズ・日本の象牙市場閉鎖 第2回:日本政府の象牙取引問題に関する政策とその問題点
1024 993 Japan Tiger Elephant Organization

CITES CoP17における国内象牙市場閉鎖決議が採択された結果、日本政府の対応が注目されることとなった。しかし、決議…

read more