Japan Tiger Elephant Organization

ニュースと資料

報告書:「日本の国内象牙市場を閉鎖しなければならない5つの理由」を公表
632 644 Japan Tiger Elephant Organization

2019年5月31日 東京 –  本日、トラゾウの最新報告書「日本の国内象牙市場を閉鎖しなければならない5つの理由」が公表された。 来るCoP18では、日本を名指ししつつ、世界中の国内象牙市場すべての迅速な閉鎖を求める議案が審議されることに…

read more
ブログ:シリーズ・アジアゾウの歩んだ苦難の道と現状 第3 回 大陸東南アジア:ミャンマーにおけるゾウの苦難
875 855 Japan Tiger Elephant Organization

大陸東南アジアには、1,000頭以上のゾウが生息している国が2つある。それが、タイとミャンマーである。ここではミャンマーのゾウを取り上げるのだが、その理由は2つある。一つは、ミャンマーがアジアゾウの進化史上、重要な位置を占めていることである…

read more
お知らせ World Elephant Day at UENO ZOO
403 399 Japan Tiger Elephant Organization

8月12日は世界ゾウの日。 今年の12日(月・祭)は、上野動物園 東園 藤棚休憩所にて、 18時30分よりゾウの飼育員さんと野生のゾウの今をお伝えします。 世界にはアフリカゾウとアジアゾウの2種が生息しています。アジアゾウの個体数は、13か…

read more
プレスリリース:東京2020大会まであと1年 – NGOが東京都知事に象牙取引の停止訴え
556 549 Japan Tiger Elephant Organization

2019年7月25日:東京 2020年東京大会開幕まで1年となったこの時にあたり、世界と日本の自然保護団体、動物保護団体が、小池百合子東京都知事に対して、東京における象牙販売を停止するよう訴えた。日本は、合法的に象牙が販売できる世界最大の国…

read more
ブログ:シリーズ・アジアゾウの歩んだ苦難の道と現状 第2回  南アジア:スリランカ
280 277 Japan Tiger Elephant Organization

インドに次いでゾウの個体数が多い国は、同じ南インドに属するスリランカである(ただし、その約6,000頭という数はインドとは1桁違う)。しかし、ヨーロッパ列強が進出した近代の時期にもっとも強く抑圧されたのは、おそらくこの島国のゾウである。 当…

read more
ブログ:シリーズ・アジアゾウの歩んだ苦難の道と現状 第1回
1021 1024 Japan Tiger Elephant Organization

現在生き残っているゾウは、分類学上、エレファス属のアジアゾウElephas maximusとロクソドンタ属のアフリカゾウLoxodonta africanaの2種だけである(森林性のマルミミゾウをアフリカゾウと別の種Loxodonta cy…

read more
ブログ:アフリカ32か国の「アフリカゾウ連合」(AEC)評議員会が、日本に対して、象牙市場の閉鎖を要請
1024 988 Japan Tiger Elephant Organization

2019年6月17日:28のアフリカゾウ生息国を含むアフリカ32か国で構成される「アフリカゾウ連合」(AEC)は、その評議員会が、日本政府に対して、世界最大級の象牙市場を閉鎖し、より強固なアフリカゾウの保護を支援するよう要請したことを記者発…

read more
ブログ:トラ製品、アジア各地の闇市で販売
249 238 Japan Tiger Elephant Organization

延期されていたワシントン条約締約国会議が8月17日からジュネーブで開催されることに決まった。そこでは、毛皮、爪、歯、虎骨酒などトラの身体部分の製品が違法にアジア各地で闇に隠れて売られている点について、その実態と各国の取組が議論される。インド…

read more
ブログ:象牙業者VS保護活動家 日本の象牙市場閉鎖の是非 より説得力があるのは?
484 465 Japan Tiger Elephant Organization

毎日新聞2019年6月12日記事「象牙取引続く 日本の課題は」に掲載された、「日本象牙美術工芸組合連合会」鶴見剛会長と、NPO法人「トラ・ゾウ保護基金」坂元雅行事務局長の談話。両者の発言を話題ごとに区切って、鶴見、坂元の順に並べ替えた。加除…

read more