ブログ

ブログ

ブログ:シリーズ・日本の象牙市場閉鎖 第5回:国内象牙市場閉鎖に向けて検討されるべき日本の課題
723 711 Japan Tiger Elephant Organization

近い将来、日本が国内象牙市場閉鎖を決断せざるを得なくなった際、具体的な閉鎖に当たってどのような課題があるのか考えておく必要がある。 決議にいう国内の合法的象牙市場の閉鎖とは、「何らかの品目に関する狭い例外」を除き、全ての象牙の国内取引(譲渡…

read more
ブログ:シリーズ・日本の象牙市場閉鎖 第4回:採択された市場閉鎖決議の履行を強化する決定の意義と、CoP18がもたらした影響
1019 1024 Japan Tiger Elephant Organization

■市場閉鎖決議を実施するための決定が求める報告とは? CITES CoP18で採択された市場閉鎖決議を実施するための決定は、未だ国内象牙市場を閉鎖していない締約国に対し、その国内象牙市場が、密猟又は違法取引の一因とならないことを確実にするた…

read more
ブログ:シリーズ・日本の象牙市場閉鎖 第3回:ワシントン条約CoP18における、国内象牙市場閉鎖決議(CoP17:2016年)の実効性を強化するための審議
398 400 Japan Tiger Elephant Organization

■ワシントン条約における国内象牙市場閉鎖決議強化の提案 2019年8月17~28日にジュネーブ(スイス)で開催されたCITESの第18回締約国会議(”CoP18”)で、「国内象牙市場閉鎖に関する決議Conf. 10.10 (CoP17改正)…

read more
ブログ・シリーズ・日本の象牙市場閉鎖 第2回:日本政府の象牙取引問題に関する政策とその問題点
1024 993 Japan Tiger Elephant Organization

CITES CoP17における国内象牙市場閉鎖決議が採択された結果、日本政府の対応が注目されることとなった。しかし、決議採択直後の2016年10月4日、当時の山本公一環境大臣は、閣議後の大臣会見で「国内市場は違法取引若しくは密猟による国内市…

read more
ブログ:シリーズ・日本の象牙市場閉鎖 第1回:象牙取引問題と、国際社会による対処の経過
391 413 Japan Tiger Elephant Organization

■急減するアフリカゾウ  地上最大の野生動物であるアフリカゾウの生息数が、急激に減少している。サバンナに生息するアフリカゾウは、2010から2014年の間に年平均2万7700頭が密猟され、同じ速度で個体数減少が続けば、2014年時点で35万…

read more
ブログ:「竹富町観光案内人条例(案)」策定過程の問題点とこれから
300 300 Japan Tiger Elephant Organization

 JTEF/JTEF西表島支部やまねこパトロールは9月17日に意見書「竹富町観光案内人条例(案)を慎重に検討するべき3つの理由」を竹富町長、竹富町議会、および竹富町世界遺産推進室あてに提出しました。意見書の具体的な内容についてはリンクから直…

read more
ブログ:ワシントン条約CoP18(8月17~28日:ジュネーブ・スイス)は、日本を次回会議までに市場閉鎖に追い詰める決定を採択!
417 412 Japan Tiger Elephant Organization

2016年のCoP17で採択された国内象牙市場閉鎖決議。それは、「密猟または違法取引の一因となる」国内の合法象牙市場を閉鎖するよう勧告するもの。今回のCoP18では、ケニアら9か国が、アフリカ32か国から成るアフリカゾウ連合支持のもと、決議…

read more
ブログ:シリーズ・アジアゾウの歩んだ苦難の道と現状 第3 回 大陸東南アジア:ミャンマーにおけるゾウの苦難
875 855 Japan Tiger Elephant Organization

大陸東南アジアには、1,000頭以上のゾウが生息している国が2つある。それが、タイとミャンマーである。ここではミャンマーのゾウを取り上げるのだが、その理由は2つある。一つは、ミャンマーがアジアゾウの進化史上、重要な位置を占めていることである…

read more