ヤフオク!に象牙を出品していた6業者が、違法象牙の取引をもちかけていたことが発覚。ヤフーに象牙販売を停止させるよう、世界のNGO 連合が株主ソフトバンクに迫る

300 300 Japan Tiger Elephant Organization

2016年3月18日、ヤフオク!(Yahoo! Japanが運営するインターネット・オークションサイト)を利用して象牙取引をもちかけている6業者が、登録を受けていない象牙を売買または偽装登録するために違法な行為を行っていたことがJTEFとEIAの調査によって暴き出されました。
EIAのウェブサイトから、6業者と調査員との会話を聴くことができます。

この結果は、「パトロールチームが象牙の出品状況を監視しており、登録票が適切に表示されていないものなどを発見した場合には直ちに削除措置を講じ」ているというヤフー株式会社の主張が信頼できないこと、さらに環境省による規制の遵守確保がまったく効果をあげていないことを裏付けるものでした。
2016年3月24日、EIAを中心に、JTEFを含む32の環境保全・自然保護団体が、世界最大のオンライン象牙販売業者ヤフーおよびその筆頭株主であるソフトバンクに対し、Yahoo!ショッピングおよびヤフオク!におけるすべての象牙の販売を停止するよう申し入れました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.